歯科医院の保険外治療

歯科医院で行われる、虫歯や歯周病の治療に対しては健康保険が適応されます。そのため、支払う金額は実際にかかった費用の3割の負担で済みます。しかし、健康保険は全ての治療をカバーしているわけではありません。最低限度の内容しかカバーしていないので、希望する内容によっては適用されなくなってしまいます。歯科医院で特に多いのが、虫歯を削った際の詰め物です。保険では銀歯になるのですが、見た目が悪いから白い詰め物にしようとすると、保険適用外になります。保険外治療のことを自由診療と言いますが、自由診療は歯科医院が独自に金額を設定することができます。同じ内容でも、クリニックにより料金に差が出るということです。その他にも、歯科医院の自由診療には、白いセラミックなどの詰め物や差し歯があります。歯を白くするためのホワイトニングも保険はききませんし、歯を失った際のインプラントに関しても自由診療になります。自由診療は全額自費扱いになるので、治療費は数万円かた数十万円という金額が必要になります。高額になってしまうこともありますが、その分満足度は高く、銀歯を我慢して使っているよりもセラミックにした方がいいと感じる患者さんも多いです。

↑PAGE TOP

Menu